ル・コルビュジェが設計した大都市チャンディーガルの建造物

2019/09/01
ニュースカテゴリー:インド情報

2016年、世界各地のル・コルビュジェ関連の建造物が、UNESCOの世界遺産に登録されました。東京都心にある国立西洋美術館を始め、この遺産リストに含まれているのが、ゼロの状態から計画された新都市、チャンディーガルにあるル・コルビュジェの数々の建造物です。

世界遺産のハイコート(高等裁判所)
世界遺産のハイコート(高等裁判所)

まず、チャンディーガルの位置。

チャンディーガルの位置
チャンディーガルの位置

首都ニューデリーから北へ列車で約4時間弱、もしくは飛行機で約40分の距離にあり、ヒマラヤ山脈の麓辺りになります。ヒマーチャル・プラデーシュ州(シムラ、キノール、スピティ)の州境付近に位置します。

ここは、インドでも珍しい、2つの州の州都であり、且つインド中央政府の連邦直轄地でもある都市。肥沃のパンジャーブ州とハリヤーナ州の行政中心地です。

また、チャンディーガルはインド独立後にゼロの状態から完全に新しく建設された都市でもあります。その理由は1947年にインドとパキスタンが分離してしまい、当時のパンジャーブ州の州都は現在パキスタンに所属しているラホールであった事から、インド側の新州都が必要となり、ここチャンディーガルとして新しく生まれました。

ハリヤーナ州の州都でもある理由は、元々パンジャーブとハリヤーナは当時一つの州であった事から、ハリヤーナ州として分かれても州都はチャンディーガルに帰属する事にしました。

ル・コルビュジェが都市を計画する

当初、アメリカ人建築家のアルバート・メイヤーが計画をしましたが、その後跡継ぎとして任せられノウィツキーが飛行機事故で亡くなると、ル・コルビュジェが監督として任命されました。ここから、個性のあるユニークなビルやオブジェが造られました。

行政、立法と司法の中心キャピトル・コンプレックス

目玉と言えば、キャピトル・コンプレックスにある、3つの世界遺産に日程された建物:セクレタリアト(行政庁舎)ヴィダーン・サバ(パンジャーブ・ハリヤーナ両州立法議会棟)、そしてハイコート(高等裁判所)です。

その中で一番古い建物が、1953年に建てられたセクレタリアト。もう建設されてから66年も経過しているのに、古さを感じさせられず、宇宙船を思わせる、巨大で未来的な立派なビルです。そこがやはりコルビュジェの創造力ですね。

未来的な迫力あるセクレタリアト
未来的な迫力あるセクレタリアト

ちなみに、四角い小窓が斜めに並んでいる箇所は、スロープになっている。結構エレベーターを使用せず、このスロープを利用して階の移動をしている職員が多いです。ちなみに、建物内部は撮影禁止なので、生憎外観しかありません。

最上階は屋上庭園になっており、そこから山々やチャンディーガル市街の景色が見渡せます。

ドアもオシャレな最上階へ続く階段
ドアもオシャレな最上階へ続く階段
セクレタリアトの屋上から眺めるヴィダーン・サバ

そして、ハイコートは、緑、黄、赤、青をモチーフにした建物が印象的。奥に見える、廊下のスロープも栓抜きみたいに見えるユニークなデザイン。

ハイコートの外観
ハイコートのスロープになっている廊下
ハイコートのスロープになっている廊下

そして、ハイコートの近くにある、巨大なオブジェ、オープンハンド。鳩の形にもなっている、平和のシンボルです。これもコルビュジェの代表作品。

オープンハンド
オープンハンド

東京の国立西洋美術館そっくりの政府博物館

世界遺産ではありませんが、市内にある政府博物館は同じ建築家が設計したことだけあり、外見はものすごく東京の国立西洋美術館に似ています(こちらは世界遺産認定)。ちょっとチャンディーガルのは年期が入ってしまっていますが。

政府博物館外景
政府博物館外景

インドのシャンゼリーゼ通り?

というのはちょっと大げさですが、中心部の道路脇には歩道と共に街路樹が植えてあり、少しこれがニューデリー等イギリスによって植えられたものと異なります。どことなくパリっぽいというか、筆者も昔訪れたフランスを思い出したぐらい。

どことなくフランスの街の歩道っぽい景観
どことなくフランスの街の歩道っぽい景観

整然とした都市

一言でいうと、チャンディーガルは「あまりインドらしくない街」です。区画整理された幅が広い道路や落ち着いた街並みは、喧騒が無く、少し人工的でもあります。住民もインドの基準からすると比較的裕福な都市でもあり、ロールスロイス等の高級車のショールームもあるぐらい!

整然としたチャンディーガルの街並み
整然としたチャンディーガルの街並み

チャンディーガルは建築にご興味がある方なら面白いです。時が経っても魅力的なコルビュジェの建造物の数々は、世界三大建築家として例えられる訳です。


H2トラベルズではチャンディーガルのツアーを手配しております。弊社の旅行手配はすべてお客様のご希望に合わせた完全オーダーメイド型です。詳しくは下記モデルプランをご覧下さい:
https://www.h2travels.com/india/gt/

☆この記事が面白ければ↓ポチッと↓押して頂ければ幸いです。にほんブログ村のインド旅行でランキングに反映されます!☆

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ