ハリーズパンケーキ:パノラマルートの名物レストラン

2019/09/09
ニュースカテゴリー:南部アフリカ情報
ハリーズパンケーキの料理品一例
ハリーズパンケーキの料理品一例

クルーガー国立公園に近い、パノラマルート。ここには、世界で三番目に大きな渓谷である、ブライデ・リバー・キャニオンがあります。こんな絶景。

ブライデ・リバー・キャニオンの全景
ブライデ・リバー・キャニオンの全景

そのブライデ・リバー・キャニオン観光の拠点となるのはフラスコップ。場所はココ。クルーガー国立公園の拠点となる、ヘイジー・ビューから車でわずか45分程です。

フラスコップの位置
フラスコップの位置

そのフラスコップと言えば、現地の人であれば誰もが知る名物レストラン、ハリーズパンケーキ。パンケーキ専門のレストランです。昼食時は凄い人で、着席待ち。日本だけだと思ったけど、失礼ながら地方の小さな街でこれだけの人が集まるのは珍しい(多くが観光客ではあるが)。

満席のハリーズパンケーキ
満席のハリーズパンケーキ

メニューを拝見すると、名前の通り、メインはパンケーキのオンパレード!これだけ、色々な種類のパンケーキがあるのもすごいと思う。ちなみに、R1は2019年9月の為替レートで約7円。

まず、パンケーキと言えばスイーツ系と思い浮かぶ。それだけで、2ページ。

スイーツ系パンケーキメニュー一例

シナモン、バナナ、ダークチョコ、キャラメルソース等、日本でもありそうな王道系。

でも、スイーツだけではメインの食事にはならない。ここでは、塩気系のパンケーキもとても充実している。こちらも2ページほど。

塩気系パンケーキのメニュー一例
塩気系パンケーキのメニュー一例

結構面白いのが沢山あって迷う。南アフリカ名物のボボティー(挽肉の玉子のせ)とビネガーのチャツネ、ネギと桃を添えたポーク、南アフリカ版ビーフジャーキーであるビルトンとモッツァレラチーズ、エスカルゴのクリームソース等、名前だけ読むと魅力的なのが多い。

定員さんのお勧めで頼んだのがチリコンカルネにサワークリームとチェダーチーズ添え。何で南アまで来てテキサス料理なんだ、と突っ込みたいが、味は美味しかった。パンケーキは薄い生地で、どちらかというとクレープと言った方が日本人には馴染みやすいかもしれない。だからこそ、逆に腹に負担が無く、デザートも普通にいけちゃう。

そしていった。

今度は南ア名物で。ミルクタルトという、アフリカーンス(16世紀にヨーロッパから移住してきた人たちを祖先とする民族)の伝統スイーツで、濃厚なカスタードとミルクを合わせたプリンの様なケーキ。そのパンケーキ。

とろとろのミルクタルトが入ったクレープ
とろとろのミルクタルトが入ったクレープ

バニラアイスは2スクープ、そしてアクセントのレモンが嬉しい。これもかなり美味しく頂きました。これは結構ボリュームありました。

ここでは、地元の生ビールも飲めます。名物は地元の地域名そのままのサビー。グラスもロゴ入り。冷えてます。

サビーの生ビール
サビーの生ビール

フラスコップを訪れたらここで飯タイムの価値あり!

弊社のパノラマルートツアーですと、ここでランチをお召し上がり頂けます☆

クルーガー国立公園、ブライデ・リバー・キャニオン、そしてハリーズパンケーキで三点セット!

クルーガー国立公園とブライデ・リバー・キャニオンのモデルプラン:
https://www.h2travels.com/safrica/kruger/

☆この記事が面白ければ↓ポチッと↓押して頂ければ幸いです。にほんブログ村のアフリカ情報でランキングに反映されます!☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ