天空のタワン僧院とアルナーチャル西部

  • 早朝のタワン僧院
    早朝のタワン僧院

アルナーチャル西部はどんなところ?

ヒマラヤ山脈の東端を沿って、東西に細長いアルナーチャル・プラデーシュ州はインドで一番北東に位置する州です。インドで一番人口密度の低い州で、大部分が未開発の森林地帯。外国人だけでは無く、一般のインド人でも許可証が無いと入れない、特別な地域です。

様々な民族や文化が共存するアルナーチャルですが、西部はチベットの文化が強く影響しており、民族衣装に身を包んだモンパ族が多く暮らします。

ブータンとチベットに挟まれ、400年以上前に建てられたタワン僧院はラサのポタラ宮殿の次に大きい世界第二位の規模の仏教僧院とされています。実際、チベットが中国の領土になるまではタワンはラサへ税金を納めていました。

タワンより更に先は現ダライ・ラマ14世が1959年にインドへ逃げてきた道です。チベットのラサは近く、中国との国境付近にある10世紀に建てられたゼミタンには世界三大仏塔の一つ、ゴルサム・チョルテンがあります。

タワンまでは最寄りの空港であるアッサム州のグワハティから専用車で片道3日間の距離となりますが、途中の景色は素晴らしく、平地の熱帯雨林から北東インドでは一番標高の高い車道、セラ峠(標高約4170メートル)を通ります、様々な地形や環境を楽しめます。途中には素朴な村々や景勝ポイントが多く、新しい発見が多くあるルートです。

また、オプショナルとして、顔の刺繍と鼻にピアスを付けたアパタニ族が住む場所で有名なジロの訪問もお薦めです。古来から優れた自然と人類が共存できる持続的な文明が存在する事が特徴で、アパタニの文化全体が世界遺産登録の候補に挙げられています。こちらも最寄りの空港からのアクセスが不便ですが、タワン方面へ向かう途中の分岐点からでしたらまだ比較的容易に訪問できます。

更に日程に余裕がありましたら、同じアルナーチャルでも全く異なる文化圏や地形の東部もお薦めします。

旅の計画

アルナーチャル西部の地図

※参考までに、グワハティ空港(A)からタワン(G)までは約530㎞です。アダバリ紅茶農園(I)からジロ(J)は約260㎞です。

このプランの最寄りの空港はグワハティ(A)です。タワン(G)までは途中2泊する必要があり、タワンの滞在を2泊(最低)としますと最短でもグワハティ到着から6泊は必要です。タワンより先のゴルサム・チョルテンへ行かれる場合は更にもう1泊が必要です。

ジロ(J)に関しては途中アダバリ紅茶農園(I)を拠点として、更に最低3泊は必要です。

ほぼ毎日が長距離移動になり、アルナーチャル内の道路は舗装状況があまり良くないため車に乗っていても体力が必要です。

弊社のツアーはすべて完全オーダーメイド型ですのでお客様のご希望に沿ったプランを作成させて頂きます。

ツアー概算料金

下記モデルプランの周遊ルート、並びにご紹介のホテルクラスでの大まかな概算は以下の通りです:

ご参加人数1名様あたりの料金
1名様1日あたり約40,000円
2名様1日あたり約27,000円
(2名様1部屋ご利用の場合)

<お見積りに含まれるもの>
○専用車
○専属ガイド
○お食事
○入場料
○1日1リットルのペットボトルの飲料水
○宿泊

<お見積りに含まれないもの>
×現地までの航空券(別途ご案内致します)
×現地協力会社への送金手数料(9,000円)
×アルナーチャル・プラデーシュ州入境許可証(お一人様あたり17,000円)
×お飲み物(現地払い)
×チップ(現地払い)  

頻繁的な現地の物価上昇のため料金が変動的である事と、弊社のご旅行はすべてオーダーメイドのため、実際にご希望される時期と日程やルートをお知らせ頂いた上、正確なお見積りをさせて頂きます。

お薦めの訪問時期

ベストシーズンはモンスーンの終わり頃から冬の始まりである9月~11月です。この頃は道中緑が豊かで、滝は水量が多く勢いがあります。リンゴやキウィの収穫時期でもあり、果物が美味しいです。

次のベストシーズンは3月~5月です。この時期は高山植物が咲き始め、ツツジが見頃です。

モンスーンの6月~8月は激しく雨が降り、土砂崩れも頻繁に起こり計画通りにいかない可能性が非常に高いため、お薦めしません。

12月~2月はかなり寒く、標高3,000メートル近いタワンでは気温は氷点下になります。電力事情があまり良くないため、ホテルでは暖房が使用できなくなる場合もあります。また、標高の高い峠では軍による路面の除雪が頻繁に行われて立ち往生する場合があり、計画通りに旅程が進まない可能性があります。

主な見どころ

タワン方面

ナメリ・エコ・キャンプ付近から眺める夕方の田園風景

ナメリ国立公園
地図:B

アッサム州とアルナーチャル・プラデーシュ州の州境付近に位置する、国立公園です。広大なカメン川が流れ、園内には野生の象や豹が生息します。国立公園の入口に位置するナメリ・エコ・キャンプは緑の大自然と田園の間に位置し、様々な鳥の鳴き声が聞こえます。

バルクポンを流れるカメン川と熱帯雨林

バルクポン
地図:B

ナメリ・エコ・キャンプから車で1時間ほどの場所なる、アルナーチャルとの州境の町、バルクポンです。こちらで、検問があります。バルクポンから山岳地帯になり、景色もいっきに濃い森林地帯になります。

ボムディラのトゥブチョグ・ギャツェリン・ゴンパのマニ車と子供の僧侶達

ボムディラ
地図:C

標高約2,200mの山の山頂付近に位置し、西カメン県の行政都市です。見所は17世紀に建てられたトゥブチョグ・ギャツェリン・ゴンパとカラフルな野菜、果物、ヤクのチーズ等昔ながらの野菜市場です。この辺りからチベット文化圏になります。


ペマリンホテルから眺めるディランの谷と街並み

ディラン
地図:D

ボムディラから山を下りた谷間の街です。標高約1,600m、果物の産地でもあり、郊外のオールドディランには1831年に建てられた砦、ディラン・ゾンがあります。オールドディランには歴史的な古い建物が残されており、風情を感じさせられます。また、ディラン周辺には景色の良い谷がいくつかあり、のんびりするには最適な場所です。

牛が歩くのどかなチューグ谷の夏

チューグ谷
地図:D

タワンへ続く道の途中、右側に開けた広大な谷です。奥にはチューグ村があり、モンパ族の人々が暮らし、伝統的な家屋に暮らす人々の生活感を見る事ができます。この辺りから先のセラ峠までは景勝ルートであり、山道を標高2,500m以上もいっきに上ります。高山植物が多く見られる様になり、春になりますとシャクナゲが辺りを覆います。

セラ峠に現れる青く透き通ったセラ湖

セラ峠
地図:E

標高約4,170m、タワン県と西カメン県の境となります。年に半年弱は雪に覆われており、植物はほとんど育ちません。峠には2つの湖があり、 晴れている日には青く輝き、冬は凍結します。 周辺にはインド軍の基地が多く点在しており、セラ峠を先に1962年の中印戦争の際の英雄、ジャスワント・ガールの記念塔が道路脇に建てられています。


激しい水しぶきをあげるモンスーン明け時のヌラナン滝

ヌラナン滝
地図:F

セラ峠から山を下り、標高約2,100メートルに位置する、タワン川の手前に100メートル以上の高さから落下する巨大な滝です。インド有数の巨大な滝の一つですが、まだあまり訪れられていません。秘境を感じさせらる場所です。

タワン僧院の敷地内

タワン
地図:G

標高約2,900メートル近い山の斜面にできた歴史の古い街です。天空の城の様に浮かび上がるタワン僧院を始め、数々の僧院や寺院があります。 タワンは現ダライラマが中国に占領されたチベットから逃れた時に滞在しており、チベット仏教の聖地になっております。

スケールの大きいタワン僧院本堂の仏陀の像と繊細な宗教画が描かれた内装

タワン僧院
地図:G

1681年に建造され、ポタラ宮殿に次ぐ世界第2位の大木さの仏教僧院とされています。当時仏教宗派で対立があった時にゲルク派の僧侶を守るために城塞の様に設計されました。本堂、図書室、博物館、僧侶の寮からなっています。敷地内に入ると一つの街になっており、タイムスリップした錯覚を起こされます。


アニ・ゴンパ(尼僧院)の建物前で修業を習う尼僧侶

アニ・ゴンパ(尼僧院)
地図:G

タワン僧院より更に山を上がる場所に位置します。タワン僧院と似て城塞の様になっていますが、こじんまりとしており、昔ながらの風情があります。尼僧が修行をしている場所です。

ウルゲリンの建物内に並ぶ白い仏塔

ウルゲリン
地図:G

ここはダライラマ6世が1683年に生誕された場所です。ニンマ派の寺院となっており、現在は仏塔と本堂があり、仏塔の方は観光客でも入る事ができます。女遊びやアルコール中毒として知られたダライラマ6世ですが、美しい詩や音楽を作る詩人でもあり、現在のチベットでも高い評価があるそうです。

緑豊かな森林に囲まれたモンパ族の集落

モンパ族の集落
地図:G

タワンから途中の中継地点、ルムラまで約40キロの間、数々のモンパ族の集落があります。集落からの景色はよく、山肌にくっつく様に村がなりたっています。女性は民族衣装を着た村人も多く、とても穏やかな雰囲気です。秋になると、屋根で唐辛子を干している光景がよく見られます。


ゴルサム・チョルテンにはためくタルチョ(祈祷旗)とストゥーパ

ゴルサム・チョルテン
地図:H

標高約2,100メートルの深い谷間に位置する、高さ28メートル、直径16メートルの世界三大巨大ストゥーパの一つです。あとの二つは、ネパールのカトマンズとブータンのタシガンにあります。カトマンズにあるボーダナートをモデルに造られ、建造された年は明確でありませんが、1643年頃ではないかと言われています。ゼミタンに近づきますと、山肌が勢いよく流れる滝が多く見られます。

丘の上から眺める緑豊かなサンティ谷の景色

サンティ谷
地図:D

ディラン郊外の山奥へ続く道がサンティ谷です。清流のサンティ川沿いには数々のモンパ族の集落があり、景色が良く、地元の人々のピクニックスポットになっています。

アダバリ紅茶農園内に敷き詰められた茶葉

アダバリ紅茶農園
地図:I

有名なアッサムティーを製造する農園の一つです。インド三大紅茶の名産地の一つであり、アッサムティーは特に発酵度が高い葉で知られ、ミルクティーなどによく合うと言われています。園内には宿泊施設、ワイルド・マスィールがあり、設備も充実しているのでごゆっくり長旅の疲れを癒して下さい。


ジロ方面

丘の上から眺めるジロの街並みと滑走路

ジロ
地図:J

標高約1,700m、下スバンシリ県の行政都市であるジロは、多くの集落の集まりです。人口は12,000ほどでほとんどがアパタニ族の集落となります。ジロの中でも特に大きい集落がホン村であり、竹で造られた家が並びます。新市街には市場や博物館もあり、特に博物館にはアルナーチャル州に住む様々な民族の展示物があり見応えがあります。

アパタニ族の集落にある伝統的な竹の家屋の前で寛ぐ鼻にピアスをした女性

アパタニ族
地図:J

太陽と月を拝む、ドニーポロという宗教を信仰している人たちが多いです。古来からのしきたりを守って暮らす住民が多く、年配の方は鼻にヤルフコと呼ばれる黒いピアスと、顔に刺青をしています。現代では刺青は法律で禁止となっているため、若い人であまり見かけません。毎年3月と7月にお祭りがあり、3月のミョコと呼ばれるお祭りには牛や鳥を生贄を捧げる事が行われます。

ジロ市場に並ぶ赤色から緑色まで様々な大きさや種類の唐辛子

ジロ市場とアパタニ族の集落
地図:J

街の中心部にある活気ある市場は、唐辛子や生きた芋虫から生活雑貨までいろいろ販売されています。 市街地を離れるとジロ盆地には様々なアパタニ族の集落で形成され、ホン村が最大の村です。各村にはラパンと呼ばれる高台になった集会場があり、各家では男児が何人居るかを示すバボという柱が建ちます。どの家も竹でできており、高床式になっているのがほとんどです。

アルナーチャル西部旅行の参考日程

タワン方面のプラン(8泊9日;グワハティ空港発~グワハティ空港着)

行程【宿泊地】
1グワハティ空港到着後、専用車にてナメリ国立公園の宿泊施設へ。
【ナメリ国立公園内泊】
2ディランへ向けて移動。途中、アルナーチャル州境の街、バルクポンにて入境手続き。その後、ボムディラにて仏教僧院、トゥブチョグ・ギャツェリン・ゴンパ野菜市場見学。ディラン到着前にディラン・ゾン(砦)見学。
【ディラン泊】
3タワンへ向けて移動。途中、ディラン郊外のチューグ谷にある村を徒歩で散策。専用車に戻り、セラ峠で景色をお楽しみ下さい。印中戦争での英雄、ジャスワント・ガール記念塔を見学。山を下り、迫力のあるヌラナン滝の前を通り、タワンへ。
【タワン泊】
4タワン僧院タワン僧院博物館アニ・ゴンパ(尼僧院)、ウルゲリン見学。
【タワン泊】
5日帰りで最奥の地、ゼミタンへ。途中、モンパ族の集落を訪問し、徒歩で散策。専用車に戻り、ゼミタンに近づくとBTKフォール等滝が多く現れます。ゼミタンではゴルサム・チョルテン見学。
【タワン泊】
6ディランへ戻ります。
【ディラン泊】
7アッサム州のアダバリ紅茶農園へ。
【アダバリ紅茶農園内泊】
8グワハティ空港へ、もしくは②のジロ追加プランへ。

②ジロ追加の日程(+3泊4日;アダバリ紅茶農園発~グワハティ空港着)

行程【宿泊地】
8アダバリ紅茶農園を出発して専用車にてジロへ。到着後、ジロ市場を見学。
【ジロ泊】
9ジロ盆地にあるホン村を始めとする各集落の散策ジロ博物館見学。
【ジロ泊】
10アダバリ紅茶農園へ向けて移動。
【アダバリ紅茶農園内泊】
11専用車にてグワハティ空港へ

現地のお薦めホテル

ナメリ・エコ・キャンプ(ナメリ国立公園)

国立公園の森林の中に位置する、大自然を体験するキャンプ場です。敷地内にはいくつかのテントとコッテージが並びます。テントの内装は至ってシンプルで、ベッド、扇風機、洗面所、バスルームが付いております。バスルームは色々な昆虫も多いですので、あらかじめご了承下さい。※エアコンは完備されておらず、5月から9月は蒸し暑くなります。


ペマリン(ディラン)

ディランの王族が所有していた歴史的建造物をホテルに改造したものです。ディランの谷が見下ろせ、晴れていれば雪を頂いた山々も眺める事ができまる、景色が良い宿です。部屋は広く、とても落ち着いています。


ガキ・カンザン(タワン)

タワンでは老舗のホテルです。こじんまりとしており、お部屋によってはタワン僧院を眺める事もできます。


ワイルドマシール(アダバリ紅茶農園)

今回の旅行の中では一番設備が充実した宿です。イギリス植民地時代から存在する緑豊かで敷地が広いアッダバリ紅茶農園の中にバンガローが建てられており、とても環境が良いです。茶畑を見せて頂く事もできます。また、お食事時には本場のアッサムティーを召し上がれます。


ホームステイ(ジロ)

ジロでは、アパタニ族の家にホームステイします。村の中にあり、田んぼや大自然に囲まれた竹でできた居間で地元の伝統料理をお楽しみ頂けます。一般宅の部屋をお客様用に解放されており、場合によってはバスルームとトイレは2~3部屋共同使用となる場合がございます。ホームステイをご希望ではない場合には、シンプルな設備ではありますがホテルを手配致します。注:写真とは異なる場所の家でホームステイとなる場合があります。

現地の飲食事情に付きまして

基本的に朝食と夕食はご滞在先の宿でお召し上がり頂きます。朝食はオムレツとトーストなどシンプルな洋風か、インド料理でジャガイモ等の野菜が入ったお好み焼きの様なパラーターが一般的です。早朝から移動を開始する場合には、ドライブイン食堂でプーリー(揚げパン)とサブジー(野菜のカレー)等をお召し上がり頂く事もあります。

昼食に関しましては途中のドライブイン食堂へご案内致しますが、アルナーチャルでは掘立小屋みたいな簡素な食堂となる場合があります。地元の方々も多く利用するので衛生状態は悪くありません。もし、苦手な様でしたら、ホテルから手配する弁当箱をご用意させて頂きますが、サンドイッチ程度の軽食となりますので、ドライブインで温かいお食事を召し上がる事をお薦め致します。都合が付きましたら、ホテルや食堂では召し上がれない、伝統的な地元の家庭料理をお楽しみ頂ける機会を設けさせて頂きます。

夕食は、アッサム州でしたらインドカレー、アルナーチャルでしたら中華(焼きそばや炒飯等)をお楽しみ頂けます。

アッサム州では、豊かな食材を生かしたアッサム料理がお勧めです。あまり辛くなく、薄味が多く、さっぱりした料理が多く、川魚のカレーは特に美味しいです。初日と最終日ではドライブイン食堂にてアッサム料理が召し上がれます。

現地のガイド、道路事情とトイレ事情

地元に精通している案内人が必須のため、英語ガイドのみのご案内となります。日本語を話すガイドはデリーから派遣する事が可能ですが、その際、日本語ガイドと現地英語ガイドの2名がご案内させて頂きます。

アッサム州では比較的快適な国道が敷かれていますが、アルナーチャル州は舗装状況は良い所と悪い所に分かれます。大部分はあまり良いとは言えません。凸凹の箇所も多く、車に座っているだけでも疲れる覚悟が必要です。この旅行では四駆をご手配致します。

トイレは2~3時間のドライブの内一度はご案内が可能になり、ドライブインでの和式に似た現地式になります。ティッシュは常備されていないので常に携帯が必要です。

注意事項とお問い合わせ方法

<入境許可証に付きまして>
アルナーチャル・プラデーシュ州を旅行される際には Protected Area Permit と呼ばれる入境許可証が必要になります。これは、アルナーチャル政府に認可された旅行会社のみにて取得が可能であり、弊社で代行手続きをさせて頂きます。取得の際には、弊社までEメールにて、パスポートの表ページのコピーとビザページのコピーを送付頂きます。

<アルナーチャルの宿に付きまして>
一般的にホテルの設備がとても簡素です。停電も頻繁にあり、タワンでは冬などは氷点下10度になる事もありながらも、お部屋はストーブ1台のみとなります。ご了承下さいませ。

<その他注意事項>
山道のため土砂崩れなどが頻繁に起ります。万が一土砂崩れなどが発生され観光に影響が出た場合は、余儀無く予定変更の場合がございます事を予めご了承下さい。

<お問い合わせ方法>
お気軽に ej@h2travels.com までお問い合わせ下さい。その他のお問い合わせ方法はお手数ですが、こちらをご参照下さい(新しいタブに開きます)。

ページトップへ