クルーガー国立公園とブライデリバーキャニオン

  • ブハラロッジから眺める象の群
    ブハラロッジから眺める象の群

クルーガー国立公園とブライデリバーキャニオンはどんなところ?

南アフリカの動物保護区では最大の面積を有し、日本の四国よりも広いです。クルーガー国立公園に隣接する私営の動物保護区を含めると更に広くなります。ビッグファイブ(ライオン、豹、象、サイ、バッファロー)に遭遇できる可能性は高く、アフリカ有数の野生動物や鳥類の宝庫です。

クルーガー国立公園南端に隣接するレオパード・クリーク・カントリークラブはゲーリープレーヤーが設計した限定した者だけがプレーできる南ア国内トップクラスのゴルフ場で、会員以外は周辺の指定された数件のリゾートに宿泊されたゲストのみが入場可能です。

ブライデリバーキャニオンはアメリカのグランドキャニオン、ナミビアのフィッシュリバーキャニオンに次ぎ、世界で三番目に深い渓谷だと言われています。緑が豊かな渓谷としては世界一。周辺はパノラマルートと呼ばれる景勝地が集まる地域で、数々のビューポイント、滝や渓谷をエレベーターで降りて原生林を散策する等見どころが豊富です。

野生動物と絶景を両方を堪能できるため、セットで訪問される事をお薦めします。

旅の計画

クルーガー国立公園とブライデリバーキャニオンの旅行ルート地図

※ネルスプレイト空港(I)から同空港までの周遊ルートは約440キロです(サファリを除く)

玄関口となる空港は、ヨハネスブルグから便数の豊富なネルスプレイトです。そこからヘイジービューを拠点としてパノラマルートを周遊し、クルーガー国立公園もしくは隣接する私営保護区に滞在される事をお薦め致します。

クルーガー国立公園は大変広く、鳥獣も各地に分散しているため、1泊だけの滞在はあまりお薦めしません。もしお時間に限りがあるのでしたら、ヨハネスブルグ郊外に位置するピランスバーグ国立公園の方がアクセスも便利で比較的狭い地区に多くの野生動物が生息するので、お薦めです。

当参考プランでは、アクセスに便利で、南アでもトップレベルのクオリティーを誇るレオパード・クリーク(ゴルフ場)が隣接するクルーガー国立公園の南部地域をご案内致します。

尚、ネルスプレイト空港はリビングストンからも直行便が運航しているので、当プランと前後にビクトリアフォールズを日程に組み入れるのも便利です。

お薦めの訪問時期

ベストシーズンは乾季の4月中旬~10月中旬です。特に草木が枯れる冬(6月~8月)は動物が見やすいだけでは無く、水飲み場に集まりやすくなります。ブライデリバーキャニオンも空気が澄んだ冬は遠方を見渡せやすくなります。

雨季の11月~3月は国内で一番雨量の多い場所です。スコールが降りやすく、雨になると動物は木の陰に隠れる事が多くなります。茂みが深くなると更に見つけにくくなります。またブライデリバーキャニオンでは辺りが霧や霞に包まれる事が多く、景色をお楽しみできない可能性があります。

主な見どころとゴルフ場

スリー・ロンダベルズから眺める緑豊かなブライデリバーキャニオンの絶景

ブライデリバーキャニオン
地図:B

世界で三番目に深い渓谷で、平均の深さは約750メートル、最深部は約1,400メートルあります。一番有名なビューポイントが「スリー・ロンダベルズ」と呼ばれる3つの丸い土壁の家の形をした峰が並んだ場所です。ガードレール等は一切無く、先は断崖絶壁なので景色に感動して調子に乗らない様に注意が必要です。

滝の様に流れ落ちるブライデ川と遊歩道を歩く訪問者

ブルクスラック・ポットホールズ
地図:B

ブライデ川とトゥルー川が合流する場所で、そのまま滝となって下流へ流れていきます。ここには奇妙な丸い形をした滝壺がいくつか並び、長年水によって削って創り上げられた大自然のアートです。滝壺へ下りる事はできませんが、渓谷の間を結ぶ歩道の橋から眺める事ができます。上流の川沿いは地元の人々のピクニックスポットにもなっています。

ゴッズ・ウィンドウから眺めるクルーガー国立公園側の景色

ゴッズ・ウィンドウ
地図:C

ワンダービュー、ピナクルと並ぶ場所に位置する展望台です。下界との標高差が一番高いポイントであり、クルーガー国立公園や澄んでいる日には遠くモザンビークまで見渡せます。下界は紙の原料である外来のユーカリの木が多く、クルーガー国立公園まで原生林はあまり見かけません。この辺りは地形上雲が掛かりやすく、見晴らしが良ければ運が良いです。


谷の下へ流れ落ちるリスボンフォールズ

リスボンフォールズ
地図:D

パノラマルートには幾つかの滝がありますが、その中で落差が最大なのはリスボンフォールズ。ムプマランガ州では最大です。94メートルあり、高台から滝を見下ろす事ができます。名前の由来はポルトガルの首都から。その他、付近にはベルリンフォールズ、ロンドンフォールズ等ヨーロッパの都市の地名から名付けられたのが多くなっています。

フラスコップの街並みと道路を走る車

フラスコップ
地図:E

1880年代に金鉱採掘のために発展したパノラマルートの拠点となる街です。人口は4,000人程度のこじんまりとしていますが、地元の工芸品を販売する土産物店が多く、必見です。またここには有名なパンケーキ屋、「ハリーズ・パンケーキ」があり、常に地元の人や観光客で賑わっています。日本でいうクレープに近く、スイーツ系からメイン系までメニューも多様。

フラスコップ渓谷のエレベーター乗り場と周りのジャングル

フラスコップ渓谷
地図:E

2017年に完成したパノラマルートの最新アトラクション。エレベーターで51メートル下の原生林まで降りる事ができ、そこから一周500メートル続く森の中の遊歩道を散歩できます。せせらぎ、吊り橋、断崖絶壁から70メートル落ちる滝と子供から大人まで楽しめます。マイナスイオンをたっぷり浴びる事ができる、お薦めのスポットです。


サビリバー・サン・ゴルフのグリーンと夕焼け

サビリバー・サン・ゴルフ
地図:F

ヘイジービューにある、サビリバー・サン・リゾートの敷地内にあるパー数71のゴルフ場です。18ホールの内14のホールは池が設置され、難易度を高くしています。14と15ホール付近にあるサビ川の一部では、野生のワニとカバが生息しスリル満点です。総距離は6144ヤードと南アでは比較的短めのコースです。クルーガー国立公園とブライデリバーキャニオンの中間地点に位置し、アクセスに便利です。

クルーガー国立公園で座り込むヌー

クルーガー国立公園
地図:G~H

アフリカ全土の動物保護区としては最大の147種類の哺乳類が生息し、鳥類は渡り鳥を含めて517種類が確認できています。ビッグファイブはもちろんの事、絶滅危機にあるアフリカン・ワイルドドッグ(野生の犬)が運が良ければ園内南部の地域で観察する事ができます。園内の宿泊施設は基本的にはレストハウスと呼ばれる簡易宿泊施設のみですが、例外に豪華ロッジも点在し、その一つを弊社でご案内しております。

レオパード・クリーク・カントリークラブのグリーンと池

レオパード・クリーク・カントリークラブ
地図:H

2018年発表のゴルフダイジェスト社による世界のゴルフ場トップ100位の中で65位にランクインされています。国立公園最南端のマレラン・ゲートに隣接されたアメリカ式のレイアウトで、高台に位位置するため場内からキリン、カバ、ワニ等を眺める事ができます。人工の小川がが縦に1と14ホール前に流れ、5、15、16、18ホールは石で隔壁された池が、そしてパー5の9ホールは島の上にあります。

クルーガー国立公園のアクティビティー

ゲームドライブ

早朝と夕方に催行します。一度にビッグファイブをすべて観察する事は難しいので、最低3~4回はご乗車される事をお薦めします。

ウォーキングサファリ

経験あるガイドと銃を持ったレンジャーが同行する、スリル満点のアクティビティーです。その名の通り、国立公園内を徒歩で散策します。いつライオンにばったり出会ったらどうしよう?というわくわく感と共に歩きながらのサファリをお楽しみ頂けます。ゲームドライブでは体験できない、小さい動物や鳥類を短距離で観察する事ができます。

現地のお薦めホテル

サビリバー・サン・リゾート(ヘイジービュー)
☆☆☆☆

クルーガー国立公園の近くに位置するゴルフ場を併設したリゾートです。宿泊施設はゴルフ場の中央部にあり、周りは18ホールに囲まれています。敷地内にはサビ川の一部が流れ、ワニやカバが生息するので夜の散歩はお薦めしません!設備は一通り揃っており、お子様連れには独立したロフト付きのシャレーがお薦めです。


ブハラ・ロッジ(クルーガー国立公園隣接)
☆☆☆☆☆

マレラン・ゲートから車で約20分程の場所に位置する、クロコダイル川に面したリゾートで、対岸はクルーガー国立公園です。ここでのハイライトは景色。ゲームドライブに参加しなくても、双眼鏡だけあれば客室やデッキから広大な国立公園の動物観察をする事ができる特典付きです。ここに宿泊される際には、最低でもリバービュールームをお薦めします。

ブハラ・ロッジは数少ないレオパード・クリークと提携しているホテルの一つで、宿泊客はご希望の際に限定されたゴルフ場でプレーをする事が可能です。


ルキンビ・サファリロッジ(クルーガー国立公園内)
☆☆☆☆☆

クルーガー国立公園内では珍しく、私営の豪華ロッジです。宿泊の際には1泊に付き3食+サファリ2回等のアクティビティーが含まれています。客室数は16のみ。

すべての客室はベッドルームの他にリビングルームがある独立したコテージタイプのスイートです。シャワーは室内と室外の2つあります。公園内にあるため、どんな野生動物が敷地内に遊びに来るか分かりません。時々、豹が客室付近をうろうろする事があるとか(警備員が常にパトロールしているので襲われる心配はありません)。大自然と調和した環境に優しいロッジです。

現地の飲食事情

南アフリカでは豪華ロッジでも、大抵飲み物やアルコール類は街中のレストランと値段は大差なく、比較的良心的です。バーは必ずあり、様々な種類のアルコールが飲めます。ビールはナミビア産のウィントフックビールが人気です。ワインは基本ほぼすべてが南アフリカ産です。

宿のディナーはビュッフェスタイルかフルコーススタイルになり、宿泊のグレードが高いほど後者スタイルが多くなります。フルコースの場合は前菜、メイン、デザートの3種類が一般的です。朝食はジュース類やシリアル等のコールドミールはビュッフェスタイルで、メインのみオーダー形式が一般的です。

現地の運転手とガイド事情

南アフリカでは、ドライバー兼ガイドをご案内させて頂く事が一般的です。その際、専用車とセットでご手配致します。ガイドは基本英語です。

サファリの際は、サファリガイドをご案内致します。

現地の治安状況

地方のため、国内の大都市の様に気にされる必要はありません。

クルーガー国立公園とブライデリバーキャニオンの参考日程

下記日程はネルスプレイト空港発着のプランです。ネルスプレイト空港からは南ア各地と、リビングストンへ定期便が運航しています。

5泊6日;ネルスプレイト空港発~ネルスプレイト空港着

※ゴルフをプレーされない場合には、合計3泊4日となります。

行程【宿泊地】
1ネルスプレイト空港に到着後、専用車にてブライデリバーキャニオンパノラマルートの観光。その後、ヘイジービューのホテルへ。
【ヘイジービュー】
2サビリバー・サン・ゴルフで1ラウンドのプレーを実施。
【ヘイジービュー】
3チェックアウト後、クルーガー国立公園内・付近のロッジへ移動。午後はサファリに参加。
【クルーガー国立公園内・付近泊】
4レオパード・クリーク・カントリークラブで1ラウンドのプレーを実施。
【クルーガー国立公園内・付近泊】
5午前・午後はサファリに参加。
【クルーガー国立公園内・付近泊】
6午前のサファリ後、ネルスプレイト空港へ移動。

他の南部アフリカ旅行先と組み合わせ

注意事項とお問い合わせ方法

<料金に付きまして>
頻繁的な現地の物価上昇のため料金が変動的である事と、弊社のご旅行はすべてオーダーメイドのため、実際にご希望される時期と日程やルートをお知らせ頂いた上、お見積りをさせて頂きます。

<ゴルフを希望されるお客様>
お申込みは2名様以上のご参加が条件となります。

<お問い合わせ方法>
お気軽に ej@h2travels.com までお問い合わせ下さい。その他のお問い合わせ方法はお手数ですが、こちらをご参照下さい(新しいタブに開きます)。

ページトップへ