南部アフリカを健康・安全に旅行するために

西ケープ州・パールにあるフェアビューワイナリーの入口でよこっと顔を出すアイコンの羊
西ケープ州・パールにあるフェアビューワイナリー

治安

報道等により南アフリカ共和国の都市部の治安の悪さに関して大きく触れられています。実際、ヨハネスブルグやケープタウン等確かに犯罪件数は日本と比べると大幅に高いのが現状ではあるものの、これらの犯罪が発生する地域はタウンシップ(低所得者層が暮らす地区)付近や市街中心部付近の荒れ果てた場所で集中的に起きる事が多く、どうしても安全な地域とそうでない地域に分かれます。

観光客の多くはこの様な場所へ一人で行動するのは好ましくなく、必ずガイドが必要です。

ただし、近年、ギャングの巣であった荒れ果てていたヨハネスブルグ中心部も再開発が進み、警備が多く導入され、観光地としての魅力が蘇りつつあります。現在かなり建物等の修復作業が行われております。

1994年まで続いたアパルトヘイト(人種隔離政策)により、人種間で大変な格差を生みましたが平等になった今、徐々に差別対象であった人種の社会進出や中流階級層が増えつつあります。

念のため、渡航予定前に外務省の海外安全ホームページより現地の最新状況をご確認下さい。

海外安全ホームページ(新しいタブに開きます)

安全である地域の見分け方

治安の良い地域と悪い地域は、雰囲気で判断ができます。良い地域は、人通りが多く、賑やかで警備員が多い事。ケープタウンならウォーターフロント地区、ヨハネスブルグであればサントンのネルソン・マンデラ広場の地域です。この辺りは夜も賑わっており、地域内のホテルであれば夜でも基本は安全です。

ただし、都市部では裏路地や人通りがあまり無い場所での一人歩きは絶対に控えましょう。

かばんの置き引きはどこでも起こりえる可能性があり、例え警備がしっかりしていても、貴重品管理やカバンの置き場はしっかり管理しましょう。特に、レストランで公道に面している場合(オープンテラス等)は要注意です。

安全対策

・できるだけ、宝飾品を身に着けない。
・貴重品は極力ホテルの部屋にあるセーフティーボックスに保管しておく。
・貴重品は複数のカバンに入れておく(万が一のために)。
・できるだけ現金は持ち歩かない。現地人は基本すべてカード決済+チップ用の小銭・小額紙幣を持つ程度。
・シャツの下にマニーベルトを巻きパスポートや緊急用の現金やカード等一番の貴重品を保管するのがベスト。
・ATMで現金を下す際には賑わっている場所の機械で行う(ショッピングセンター等)。
・一人で裏路地や人通りの少ない道路を歩かない。

ガイドと同行している際には基本的に安心です。

予防接種

南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、レソト、スワジランドは事前の予防接種(黄熱病等)は義務付けられていません。

しかしながら、ビクトリアフォールズやクルーガー国立公園はマラリア汚染地域でもあるので、ご心配であればマラリア予防薬を事前に飲まれる事をお勧めします。マラリア予防薬はご訪問数日前から定期的に服用しなければなりません。また、日本の場合は限られた場所でのみご購入が可能です。

衛生面

南アフリカ共和国では水道水が安全に飲めます。しかしながら、気になる場合にはどこでもペットボトルの飲料水が購入できます。ミネラルウォーターは2種類あり、Still(炭酸無し)とSparkling(炭酸あり)です。レストランでは必ずミネラルウォーターを注文する際に、どちらか聞かれます。

ナミビアも水道水は一応安全とは言われていますが、ペットボトルの飲料水がお勧めです。

その他の南部アフリカ諸国では必ずペットボトルの飲料水を飲む様にしましょう。

レンタカーの注意事項

弊社のツアーでは、ご希望の際にはレンタカーでの移動もオプションとして可能です。その際、お客様ご自身でホテルやゴルフ場、観光名所を訪れます。

現地の常識として、車内(トランクとダッシュボードを除く)に貴重品やカバンを置いて駐車するのは止めましょう。例え大したものでは無くても、窓を壊され持っていかれるケースが多発しております。また、忘れやすいのがレンタルのナビです。このナビは充電式のポータブルで、そのまま車内の窓に取り付けたままロックして車内に忘れやすいですが、必ず駐車する際には取り外し、ダッシュボード等に保管しましょう。

ページトップへ