南アフリカでワインテイスティング:新鮮なヤギのチーズや自家製チョコレートとペアリング!?

2019/08/30
ニュースカテゴリー:南部アフリカ情報
フェアビューのチーズとワインペアリング
フェアビューのチーズとワインペアリング

ワイン通ではありませんが、南アフリカのワインは結構クオリティーが高いと思います(はい、あくまで個人的な感想です)。

ケープタウンから車で1時間も車で走ればそこは広大なワイン農場。時間が限られている場合は、ケープタウンの市街にも、テーブルマウンテンの裏側にブドウ畑があり、まるで都会の中に居るとは思えない景色です。

今回ご紹介するのは、パールにある2つのワイン農場

ヤギのチーズとワインの両方を生産しているフェアビュー

1693年に創立された、歴史が長いフェアビュー。当時、フランスでは宗教改革の影響で迫害されたプロテスタントのユグノーが新天地を求め、多くがここケープの地へ移民しました。そのため、フランス系移民が南アフリカのワイナリーを発展させて今日まで至っています。

1980年代に、南アフリカに初めて「ヤギのチーズ」を本格的に製造し始めました。今では、国内スーパーで販売されている殆どのヤギのチーズはここのメーカーのもの。臭みが無く、クリーミーでヤミツキになる味です。

名物「ヤギの塔」
フェアビュー周辺の景色
フェアビュー周辺の景色

実際のテイスティングでは、赤白のワインにそれぞれ似合ったスパイスが効いたのものやトマト味等のチーズが提供されます。ヤギのチーズ以外にも普通のブルーチーズ等も。こんなに新鮮なチーズは食べたことありません!やっぱり造りたては違います。

ワインテイスティングの様子
とりあえずそれらしいポーズを振舞っています(笑)
ワインもチーズも本格的
ワインもチーズも本格的

売店はすごくオシャレで、ワインやチーズの他に新鮮なベーカリー、シロップ漬けのハーブ等が売られています。チーズは要冷蔵なので、お土産に持って帰れないのが残念。

フェアビューの売店
フェアビューの売店
フェアビューのヤギのチーズ各種
ヤギのチーズ各種
ハーブのシロップ漬けやジャム
ハーブのシロップ漬けやジャム

ハーブのシロップ漬けはソーダや水で割ると上品な味のジュースが出来上がります。ラベンダーやバラの味があります。

南アフリカ最古のワイン農場、ボーシェンダール

ボーシェンダールもフランスから逃れたユグノーが創立したワイン農場。1685年から続き、当時から残るケープダッチ様式のマナーハウスが残されています。

ケープダッチ式のマナーハウスが残るボーシェンダール
ケープダッチ式のマナーハウスが残るボーシェンダール

元々白系のシャルドネーとソービニヨンブランに特化していましたが、最近赤系のメルロー、カベルネソーヴィニヨン、シラー等も製造されるようになりました。

ここでは、自家製のチョコレートとペアリングができます。

ボーシェンダールのワイン各種
ボーシェンダールのワイン各種
ペアリング用チョコレート
ペアリング用チョコレート

ちょっと写真だと見にくいですが、上から「ホワイトレモンクリーム」、「ミルクケープグリューワイン※」(※グリューワインとは温葡萄酒でドイツの温かいクリスマスワイン)、「ミルクオレンジマーマレード」等、かなり味付けが凝っています。もちろん自家製。チョコ好きにはたまりません!


個性豊かな南アフリカ・ケープ地方のワイナリー。パールやステレンボッシュは景色も良いので、ケープタウンまで来ればこのワイン農場地域も訪問する価値があります。

ワインランドのモデルプランはこちら:
https://www.h2travels.com/safrica/capetown/

☆弊社のツアーはお客様のご希望に合わせた完全オーダーメイド型です!☆

☆この記事が面白ければ↓ポチッと↓押して頂ければ幸いです。にほんブログ村のアフリカ情報でランキングに反映されます!☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ