砂漠の中に現れるビンテージカーの墓場ソリティア

2019/08/28
ニュースカテゴリー:南部アフリカ情報

ナミビアの首都ウィントフックもしくは大西洋沿いのワルビスベイ方面からナミブ砂漠のソッススフレイへ陸路で向かう際、 大抵がドライブインの中継地として立ち寄る、ナミブ砂漠の東端に位置するソリティア。周辺は民家一軒無いまるで月面か火星の表面?と思わせる荒野で、ソリティアに到達するとそこは正にオアシスです。

ソリティアの看板と入口
ソリティアの看板と入口

ここはドライブインとなっていて、ガソリンスタンド、食堂があり、コーヒーや軽食が召し上がれます。繰り返しますが、周辺数十キロ圏内はガソリンスタンドも水さえ販売する売店も無い、僻地の中の僻地です。

ソリティアの位置

まず、ドライブインの入口。この辺りは無造作に放置されたビンテージカーが砂漠の砂に埋もれた感じで数台並びます。

ソリティアの干からびたビンテージカー
ソリティアの干からびたビンテージカー
サボテンが植えてあって整備されている
サボテンが植えてあって整備されている
タイヤが砂に埋もれている
タイヤが砂に埋もれている
車内見学も可能
車内見学も可能(笑)

何故かガソリンスタンドの黒板で日本語の表記がありました。きっと旅行者が書き込みしたのでしょうね。正直、ただでさえ人口の少ないナミビアで日本人旅行者の数も少ない国で、日本語の表記を見るととても懐かしくなります。

ガソリンスタンドの黒板
ガソリンスタンドの黒板

アップルパイが有名

ソリティアの名物はアップルパイ。甘さが控えめなリンゴがたたっぷり入ったアップルパイは、砂漠のドライブ中ずっと揺れの振動に耐えた後にちょうど良い癒しになります。

ソリティア名物のアップルパイ

売店では、コーヒー各種やサンドイッチが販売されています。

売店内部の様子

ソリティアはナミブ砂漠観光のついでに寄る価値ありのインスタ映えスポットです。

ナミビア旅行のモデルプラン:
https://www.h2travels.com/safrica/namibia/

☆この記事が面白ければ↓ポチッと↓押して頂ければ幸いです。にほんブログ村のアフリカ旅行でランキングに反映されます!☆

にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ