レディー・リビングストン号で遊覧するザンベジ川のサンセットクルーズ

2019/09/13
ニュースカテゴリー:南部アフリカ情報

ビクトリアの滝周辺の代表的なアクティビティーとして人気を集めているのが、ザンベジ川のサンセットクルーズ。各社様々なボートが運行し、サービス内容も異なります。

その中でも、最も充実した内容が含まれているボートが、ザンビア川のホテル、デイビッド・リビングストン・サファリロッジから出発する、レディー・リビングストン号。

レディー・リビングストン号
レディー・リビングストン号

このクルーズには、以下のサービスが含まれています。

☆乗船前のウェルカムドリンク
☆キャプテンによるライブのサファリ案内(川岸には野生動物が生息)
☆ボリュームあるスナック(前菜、メイン、スイーツまで!)
☆アルコール類含めてドリンク飲み放題

ボートは3階建てで、最上階はグループ客用の専用フロアになる。バーは2階。クルーズは約2時間半です。

チェックインと乗船

まずは船の前でチェックイン手続き、そしてウェルカムドリンクをゲットして乗船。もしジントニックが好みでなければ、バーテンダーが違うドリンクをその場で作ってくれます。

ウェルカムドリンクのジントニック
ウェルカムドリンクのジントニック

この日の客層は、大まかに白人が70%、黒人が20%、そしてアジア人(中国人)が10%程。

出発

デイビッド・リビングストン・サファリロッジをバックにして出発。このホテルはビクトリアの滝から車で約10分程に場所のザンビア側に位置する、4つ☆ホテルです。ビクトリアの滝はジンバブエ側とザンビア側があり、それぞれ個性がある宿があるので、お好みのリゾートに合わせて場所を決めるのをお薦めします。

H2トラベルズの「ビクトリアの滝とチョベ国立公園のモデルプラン」に様々なホテルオプションを記載しています。

デイビッド・リビングストン・サファリロッジ全景
デイビッド・リビングストン・サファリロッジ全景

乗務員はスナックの用意やドリンクのお代わりを聞きに回ったり、大忙しです。

ドリンク作りをするバーテンダー
ドリンク作りをするバーテンダー
一通り飲み物は何でも揃います
一通り飲み物は何でも揃います

船内はこんな感じでゆったりとしたソファーが並び、とても快適です。

1階の船内の様子
1階の船内の様子
2階の船内の様子

優雅なスナックタイムと野生動物ウォッチング

まず最初のドリンクから。乗船前のジントニックが美味しかったので、同じものを頼みました。

ジントニックとザンベジ川
ジントニックとザンベジ川

ボートは、まず流れに反して上流に移動します。下流だとビクトリアの滝に差し掛かって、落ちてしまいますからね(笑)。

周辺は野生動物が多く生息し、船からよく見えるカバ、ワニの他、象やヒョウも時々川岸に姿を現す様です。何か動物が見れる度に、キャプテンがアナウンスしてくれます。

ひょっこり水中から目を出すカバ
ひょっこり水中から目を出すカバ

この辺で、食事が提供し始めます。まずは前菜プレートから。

前菜のスナック
スナックの前菜
スナックの前菜

シュー生地に入った赤いクリームチーズ系のもの、ペストソースとビーツのクラッカー載せです。上品な味でしたが、横に座っていた中国人の団体さんは殆ど残していました。違和感があるのかもしれません。

続いて、第2プレートが。

スナックのメイン

かき揚げ、ひき肉のパイ、チキンサテー、そしてラムのフライ。熱々で無かったのは残念ですが、美味しく頂きました。

大分日も傾いてきました。

夕刻のザンベジ川
夕刻のザンベジ川

この頃、最後のコース、スイーツの載ったプレートが提供されます。ココナッツがまぶしてあるチョコレートボール、濃厚なチョコレートブラウニー、そして牛乳と砂糖を固めた様なものが。ブラウニーはかなりうまかった。

デザート
デザート

そして、サンセット時間に。生憎、この日は曇りの天気のため夕日は望めませんでしたが、金色に輝く空を楽しめました。

黄金の夕焼け@ザンベジ川
黄金の夕焼け@ザンベジ川

そして暗くなってからサファリロッジに到着。歓迎セレモニーが待っていました。

木琴で歓迎するサファリロッジの従業員

レディー・リビングストン号はデイビッド・リビングストン・サファリロッジに宿泊していなくても、利用ができます。

☆この記事が面白ければ↓ポチッと↓押して頂ければ幸いです。にほんブログ村のアフリカ情報でランキングに反映されます!☆

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ